ドッグフードを選ぶ

犬はとてもピュアで心が優しい動物です。
飼い主に対してとても充実で、いつも側にいてくれます。
愛犬の顔を見たら、疲れも一気に吹き飛ぶという愛犬家は多いのではないでしょうか。
そんな愛犬のために、できるだけ良いドッグフードを与えたいと思うのは、飼い主として当然のことでしょう。


しかし、ペットショップやホームセンターなどに行くと、数え切れないほどのドッグフードが販売されています。
値段も安いものから高いものまで色々ですし、使用している材料も異なります。
一体何を基準に選べば良いのか、ほとんどの人が迷ってしまうのではないでしょうか。


ドッグフードは、大まかに分類して、幼犬用、成犬用、シニア用があります。
幼犬用は乳離れをしてから1歳くらいまで与えるドッグフードで、成長期に十分な栄養が摂取できるように高カロリーに作られています。
また成犬用は、1歳~10歳くらいまで与えるドッグフードで、犬が元気に日々を送れるように、栄養のバランスなどを考慮して作られています。
そしてシニア用は10歳以上の犬用で、低カロリーで消化が良く、胃腸に負担がかからないように作られています。


これらのドッグフードは、さらにドライタイプ、セミモイストタイプ、ウェットタイプなどがある他、犬の種類別に作られているものや、肥満用、アレルギー用、療養食などがあります。
ドッグフードによっては、味別に販売されているものもありますから、その種類は星の数ほどあると言っても過言ではありません。


その中から、どのようにして愛犬のためのドッグフードを選べば良いのか、当サイトでは色々な視点から考えてみました。
愛犬家の皆さんの参考になれれば幸いです。

Copyright © 2014 どれが良い?ドッグフードの種類 All Rights Reserved.